カフェの女給?



まさに“絵に描いたような”心霊写真である。 詳しい場所や日時のデータはないが、どこかの食堂で撮られた写真である。 男性の方を見つめる着物姿の女性は、二重写しの可能性よりも、 ネガそのものに何か描き込まれたような印象すら与えてくれる。 構図的なものを考えると、円山応挙の幽霊画を彷彿とさせてくる。 それほど幽霊らしい幽霊という感じなのである。 ただ逆に言うと、ここまで幽霊らしい霊体が写真におさめられるというのは、ほとんどないのである。



戻る

inserted by FC2 system